光触媒って?

光触媒とは、自身では変化することはないが、太陽光などの光を吸収することにより触媒作用(化学反応において、特定の反応を促進させること)の働きをする物質のことです。
身近なもので例えると、葉緑素を触媒とし、太陽光を吸収することで二酸化炭素と水が反応し、デンプンと酸素になる植物の「光合成」も光触媒のひとつといえます。

光触媒作用を示す材料の中で、酸化チタンがもっとも優れています。

酸化チタンとは

光触媒物質の代表的な酸化チタンはチタンと酸素の化合物であり、太陽光などの光をエネルギーにして空気中の酸素や水から活性酸素を生成し、吸着した有害物質と反応し分解、消臭、無害化します。
また、紫外線を吸収するので化粧品にも使用されたり、食品添加物としても使われている物質で身体への影響もなく安心です。

他にも光触媒物質はありますが、酸化チタンが化学的で安定しており、無色透明、人的無害であることが最大の特徴です。

酸化チタン光触媒

酸化チタン光触媒は結晶構造を少し異なるものとしたり、微粒子に加工するなど、光触媒効果を高めるためにいろいろ工夫が施された酸化チタンです。

紫外線を当てることにより、「分解力」と「親水性(セルフクリーニング効果)」の光触媒作用を発揮します。